低金利でお金を借りたいなら銀行系カードローン?消費者金融?

お金を借りたい 低金利

お金を借りたいと思った時に、低金利で借りるに越したことは無いですよね。

 

この記事では、その際に銀行系カードローンをつかうほうがいいのか、消費者金融を使うほうがいいのか、それぞれについて解説しています。

 

銀行系カードローンでお金を借りるメリットとデメリットって?

銀行系で借りることの出来るカードローンですが、どんなメリットとデメリットが存在するのかご存知ですか。

 

カードローンを借りる場合にはポイントを押さえておくことが重要なのでまとめてみました。

 

銀行系カードローンでお金を借りるメリットは、消費者金融系に比べて低金利で借りることが出来ます。

 

また専業主婦でも配偶者の同意が無くても、賃金業法が関係ないので申し込みをすることが可能です。

 

デメリットは、金利が変動しないため長く利用していると逆に消費者金融に比べて金利が高くなってしまう恐れがあります。

 

そして月々の返済額が引くいためにいつまでも返済が終わらないということに注意が必要です。

 

消費者金融でお金を借りるメリットとデメリットって?

キャッシングサービスを利用する人が、消費者金融の利便性が増したために増えています。

 

初めて借りる方でも申し込みを安心して行えるようにメリットとデメリットをお伝えします。

 

まず、消費者金融でお金を借りるメリットは、スピード審査が魅力のひとつでもあり即日の融資が可能です。

 

申し込みの方法も豊富でインターネットからも行うことが出来るためとても便利で、無利息キャンペーンなどを行っている場合もあります。

 

逆にデメリットは、繰り越し利用が出来てしまうために使いすぎてしまう恐れがあります。

 

借りるのが簡単な代わりに銀行で借りるよりも金利が高めですので覚えておきましょう。

 

銀行系カードローンの個人即日融資の停止について

今後、銀行系カードローンでは個人の即日融資が停止されるようになります。

 

理由は審査中に警察庁へのデータ照合を行うようになるために数日以上の時間がかかるようになるためです。

 

そして、今後銀行のカードローンは厳しくなる傾向にあり、現在でも大手の銀行を中心に個人の即日融資が規制され始めています。

 

そのために、
●すぐに借りたいなら消費者金融へ
●低金利で借りたいならば時間をかけても銀行へ
と、利用する方たちは二つに分かれる傾向が強まっていきます。

 

自分にはどちらの借り方が良いのか良く見極めてから使うようにしましょう。